ミセスファッション70代~80代

70代からは軽い服がいい

シニア世代になると服選びのこだわり方が変化します。

美しさがいちばんではなく、着て快適で且つこぎれい感があるといいなと思うんですね。

自分に似合って暮らし方に合って生活しやすいこぎれい!がいい。

おしゃれは何歳になっても元気をくれる存在ですから。

暑さや寒さにちょうどよくて着て楽で動きやすく自分が明るく元気に見えるのがいい。

朝、身支度を整えたら”さあ、今日もいい1日にしていこう!”と。

高齢になるほど軽い服が着やすい

70代になるとレディースもメンズも軽い服がいいと思うようになりますね?

80代になるとさらに肌触りが良くて軽い服を好むようになります。

重い服は肩が凝るし疲れますから。

防寒なら毛皮やウールのコートではなくて、ダウンコートが暖かくて軽いので楽です。

中綿はポリエステルよりも羽毛のダウンの方が暖かい。

ダウンジャケットやダウンコートは軽くて暖かいのが特徴です。

ウールコートよりもカジュアルですから、日常的に合う場面も多いし。

ダウンもフェザーも鳥の毛ですがとれる部位の違いです。

ダウンは胸の毛で羽軸がないのに対し、フェザーは胸の毛以外の羽軸がある羽毛部分です。

湾曲した羽軸を持っているフェザーは弾力性と通気性があり、空気を含ませ「保温性」と「吸湿性」を上げています。

製品の形崩れ防止にもつながるという特質もあるので機能面から両方混ぜて使うのが一般的。

風がきつくない日のウール系のコートならカシミヤやシルクが軽いです。

普段着では上質なガーゼが軽いです。

涼しいガーゼも暖かいガーゼも用途に応じて作ることができます。

上質なガーゼ素材は、肌着からブラウスやワンピースまで作れるんですよ。

また、涼しいガーゼパジャマも暖かいガーゼパジャマも作れます。

お家で着る、ガーゼ服も涼しいのも暖かいのも作れるのが上質なガーゼ服の魅力です。

軽い服は素材だけが原因ではない

綿毛布は重いですよね?

ポリエステル毛布も重いです。

その理由は分厚くたくさんの原料を使っているからです。

裏毛の綿100%のトレーナーやスウェットパンツも重いです。

分厚いバスタオルも重いし乾きにくいです。

着る物や寝具に使う布は素材だけでなく、糸の太さ、撚り方、織り方、糸本数の数などによって軽くも重くもなります。

また、体にぴったりするか?ビッグシルエットで体から離れているかでも違います。

例えば、肌着のシャツが体に張り付くと寒いし厚いです。

適度に離れていると空気を含み暖かくなるし、離れ過ぎていたら風が入って涼しいし寒い場合もあります。

様々な要素がからみあって結果があるのです。

素材の基本では、シルクは軽い、アクリルも軽い、ダウンも軽いですが、分厚いダウンは重いです。

なのでその都度確認しながら使うと、シルクは心地いいですし、アクリルもアウターで混紡なら暖かくて可の時もあります。

綿も上質な多重のガーゼならとても暖かいのもあるんですね。

上等な暖かいガーゼはお部屋では最高ですよ。

軽い服はパターンも関連する

スーツやジャケットのようなかっちりしたアウターは自分の肩線と服の肩線が合っていないと重いのです。

理由はバランスが取れていると担ぐことになるので軽く感じるのです。

肩線とは肩の向きのこと。

極端な例は、猫背の人が普通の肩線のジャケットを着たら合っていないので疲れます。

人の体はほぼ左右は対称ですが、前後は対称じゃないからです。

体はやや前かがみなんですね。

だからかっちりしたスーツは持つと重いですが着る人の肩にあっていればと担ぐのであまり重く感じないのです。

重いリュックを手で持つより背負う方が楽なのと似た原理ですね。

ジャケットは担ぐものと言われるゆえんです。

-ミセスファッション70代~80代