70代ミセスファッション
70代~のミセスファッションは体力の低下を意識して服選びすることが基本になってきます。

60代はまだ若さが残っているけれど、70代に入ると少し高齢に入っていく感じがしてその時々でいろいろに見えますね?

まだ、おばあさんとは言い難いけれど、かといって若いとも思えない間になります。

体力の低下も少しづつ感じ始める頃なので服選びは『着て快適』を意識して選ぶといいですね?

おしゃれのために見栄をはってがまんはしたくないですから。

健康を意識して体が心地いい服選びが基本で、着て楽、動きやすい、こぎれい!がおすすめ。

70代~の服選びは健康への配慮と機能性が大事!

70歳になると60代の頃よりもさらに筋肉が減り体力も落ちてきますから着る服も動きやすく軽いものがいいです。

顔映りのいい色は60代とあまり変わりません。

服の素材はアイテムによって選び分ける

健康を意識すると布の性質が大事で肌着か?中着か?アウターウエアか?などにより違いますが一番は自然素材です。

コットン、麻、絹、毛が理想ですが、扱いや価格のことも考えれば、アイテムにより適度な混率のアクリル混、ポリエステル混も便利です。

なぜ自然素材がいいかというと、吸湿性や放湿性があること、涼しさや温かさがあることなどです。

例えば、肌着や中着は肌からでる汗は吸湿し放湿してほしいですよね?

肌着が汗を吸湿しないと肌の上にたまり水滴となって冷えます。

肌着が汗を吸湿しても放湿しないと肌着そのものが湿ってきます。

着ている衣類が湿っていれば冷えるし気持ち悪いですよね?

なので肌着は吸湿性も放湿性もよいものがいいわけです。

だから、肌着は木綿、麻、シルクがいいのです。

もっと言えば木綿でもオーガニックコットンはさらにやわらかく快適です。

同じコットンでも織り方や厚みでも違いがあるんですね。

シルクは吸湿も放湿もいいのですが、石鹸で洗うと硬くなるので扱いが少し面倒です。

リネンは質が悪いとガザついてチクチク感がありますが、上質なリネンはコットンよりも放湿性がいいです。

なので下着なら素材は、コットン、リネン、シルクがいいです。

トップに着る中着(ブラウス、カットソー、セーター)も自然素材がここちいい!です。

ですが、ボトムは場合によってはポリエステル混やアクリル混などの石油系素材の混紡もOKです。

インにショーツやペチコート、レギンスやスパッツが綿ならアウターのパンツは合繊繊維でも大丈夫です。

理由は上半身ほど敏感でないので着ごこちは気にならず、低価格でお洗濯も簡単だからです。

サイズ感も着心地や動きやすさに大きく響く!

シャツもショーツもインナーとしてのレギンスやスパッツも肌に寄り添ってもピッタリ張りつかない方が快適。

当然ながら、ワイヤー入りブラや張り付くガードルもNG。

サイズ感は付かず離れずがいいです。

夏の下着なら少し離れるくらいゆとりある方が涼しいです。

中着である、カットソーやセーターもぴったりはNG。

少しゆとりある程度が着やすく動きやすいです。

流行はぴったりや大きくゆったりを繰り返しても70代以上は控えめです。

高齢者のぴったりも魅力ないし、大きくゆったりは動きにくくあぶないですよね?

デザインのディテールも袖口が大きなパフになっていたり、広いフレアーになっていると機能的でなく不便です。

スカートやパンツが広幅過ぎるのもひっかけたり転んだりしそうで危ないです。

70代からはこぎれいがいい!セクシーは不要!

高齢者に着こなしでのセクシーって何?ですよね?首まわりの明きが広いのも胸の深いくりも似合いません。

首回りは詰まって肌が見えない方がシワも隠せるし健康も守れます。

セクシーよりもカッコいいよりも、いつもこぎれいな格好している、と思われるのが感じいいです。

カッコいいってスタイルだけでなく機敏な動きにも関連するので無理!です。

ハイヒールも危ないですよね?だからこぎれいで十分です。

こぎれい感は、色も関係するのでくすみ過ぎや地味すぎも控えて浮かないレベルのきれいめを選びたいですね?

こぎれいは、色、シンプル、コンパクト、似合っている、ことが基本になります。

そういう服選びができるということは、環境にも合い自分に必要な程度を知る。

飾り立て過ぎない、見栄をはらない、ことにも通じます。

つまり自分を知っていないとできないのです。

70歳も過ぎれば物欲が少なくなり欲しいものがない、というのも必要がないのですね?